日進化成の不溶性電極「アノデックシリーズ」は、金属チタニウム基体の表面に、白金・イリジウム・ルテニウム等の白金族金属またはその酸化物皮膜を密着良く形成させ、高い電気化学的触媒性能を有し、かつ耐久性に優れた電極です。弊社はニーズに合った製品作りをモットーに豊富な経験と確かな技術で最適な電極をご提供致します。

アノデックシリーズ・7つの特徴

・耐食性に優れ電極寿命が長い

・高電流密度で使用出来るため、装置の小型化が可能

・陽極の消耗変形が少ないため、極間距離を常に一定に保つ事が出来る

・スマットの発生が無く、電極のメンテナンスが不要

・電極の軽量化が可能(鉛電極を60%軽量化)

・複雑な形状の電極が製作可能

・使用済みの電極は、リコートが可能(チタニウム基体の再利用が可能)

アノデック100

アノデック100はチタニウム基体に酸化イリジウム系の被覆層を焼成により形成した電極です。

強酸性浴において酸素を発生させる場合に用いられ、特性としての酸素発生電位が低く、しかも長寿命です。硫酸系の電解においては、100A/d㎡以上の高電流密度で使用することが可能であり、作業の効率化を図ることが出来ます。また、貴金属の電気めっき等の陽極としても幅広く使用されています。

アノデック200  アノデック200はチタニウム基体に酸化イリジウム・白金系の被覆層を焼成により形成した電極です。希薄食塩水を電解して次亜塩素酸を製造する時に低温でも高い電流効率が得られます。また、イオン水製造用としての白金/チタン電極は、白金が均一にコーティングされているため、長期間にわたり安定した性能を得ることが出来ます。
アノデック300  アノデック300はチタニウム基体に酸化ルテニウム系の被覆層を焼成により形成した電極です。陽極酸化力が弱いので、有機物含有液においても光沢剤成分の分解が少なく、浴の長期安定化を図ることが出来ます。
アノデック400  アノデック400はチタニウム基体に電気めっきにより白金を被覆した電極です。金めっき、ロジウムめっき、ニッケルめっき、イオン水製造用等に優れた性能と長寿命を提供します。

特性一覧表

用途一覧表



アノデック100Re

PDFカタログのダウンロードはこちらです

ダウンロード
anodec100re.pdf
PDFファイル 216.4 KB

画像をクリックすると拡大されます

画像をクリックすると拡大されます



アノデック100ca

PDFカタログのダウンロードはこちらです

ダウンロード
anodec100ca.pdf
PDFファイル 315.9 KB

画像をクリックすると拡大されます

画像をクリックすると拡大されます



総合カタログはこちらでご確認ください。